Make your own free website on Tripod.com

2001.4.8くれ災害ボランティアセンターの模様


広島RB赤十字奉仕団對馬副委員長(左端)と、日赤広島県支部職員。 広島RB赤十字奉仕団朝野隊員(左)。くれボラセンの本部から、無線で現場の指揮を取った。 広島RB中尾事務局長(中央)。
車両管理を担当する広島RB秦本部長(左)と、三宅隊員。 くれボラセンを出発する、ボランティアの軽トラ。 ボランティアを現場へ輸送するバス。
地元の方の話を聞く、広島RB水戸川副代表。 土嚢をリレーで運ぶ、ボランティア達。 土嚢をリレーで運ぶ、ボランティア達。呉は急傾斜地が多いので、大変な作業だ。
土嚢を軽トラに積む作業を行う、ガーディアン・エンジェルス(右)。 土嚢を積む軽トラ。 内神地区に現地本部を設けた、日赤広島県支部。
情報収集活動に出動する、広島RB赤十字奉仕団對馬副委員長。 内神の現場に到着した、広島RB西本代表。 トラックで現場に物資を輸送して回る、広島RB青木隊員、秦本部長。
現場で協議を行う、ガーディアン・エンジェルス、広島RB、ボランティア・リーダー達。 瓦礫の詰まった大量の土嚢袋。 集積場へ土嚢を運ぶ軽トラ。年配の方も若者も、一致団結しボランティア活動を行った。
畝原地区において、被害を受けた屋根にブルーシートを張るボランティア。 ブルーシート固定のための土嚢を、屋根上に渡す作業を行うボランティア。 屋根上で土嚢を受け取る作業員。
屋根上の作業は、専門知識を有するボランティアが担当した。 ボランティアに深々と御辞儀をされる被災者。 ボランティア達にねぎらいの言葉をかける、小笠原市長。
スクーターで出動する、広島RB岡田隊員。後方は西本代表。 現場での活動を終え、くれボラセンに戻ってきた水戸川副代表達。 ボラセンの仲間達に、拍手で迎えられる広島RBメンバー。
広島RB秦本部長。 「くれ災害ボランティアセンター」の張り紙を剥がす、水戸川副代表(右)と西本代表。 4/8をもって、ボラセンは解散した。しかし、被災地を襲った傷跡は、決してまだ癒えてはいない・・・

(撮影:広島RBインターネット隊副隊長@杉野、出動場所は呉市内神・畝原)


もどる